Ombra mai f??なよたけのかぐや姫?

前日は、千秋楽お疲れ様でした。

短い間でしたが、困難お世話になりました。

歌手としての性能は皆様がやってくれたので、同僚を信じて歌に集中することが出来ました。

Opera(厳密にはまだまだ違うけど、特に良いや。)をトランスレーター始める職人として最後まで歌えたのは、皆様が居てくれたからです。

「真剣にやらなきゃ、スゴイ!」
といった、思えたのは、皆様が一所懸命やってる様相を見たからです。

はなはだ、皆様のお陰です。

歌手や人員の皆さま、仲良くしてくれてありがとう。

今後もし、クラシック音楽に関する機会があれば「これは知っとくという、有益よ!」といった、トランスレーターするのがクラシックプレーヤーの業務だ。

ウザかったら、スルーして大丈夫です。

長文なので、この先はもしも良かったから今後の行動に…。

今日トランスレーターした「Ombra mai f?」
本当はここ、Operaとして扱われてません。(現在は)
どちらかと言うと、教則教科書みたいなサービスになってます。
なぜかと言うと、声楽の基本的な勉学手引きとしてとても使いやすいからです。
音楽年季のHOMEは歌なので、あらゆる音楽ジャンルの元を学ぶと言っても過言ではありません。
また、バロック時代(江戸幕府当初)は音楽原理といった職人技量に固執したアートを重視したので、やっぱり日課で強い音楽になってしまうのも要因でしょう。

予めカストラート(去勢手術したメンズ役者)の為に作られた曲なので、ゆったりした曲ほど自分から循環を編み出す大切さ、そうして最後の選びですlong toneを重視してたかもしれません。
音楽原理や音楽マークのやり方、キーワードの声音に関する音符の入れ方をヘンデルはひどく考えています。
声楽の出だしの出だしがきちん詰め込まれた曲なので、百貨店素人向けだ。

自分に歌う威力が塗り付けば付くほど、どんなにシンプルで単純な曲がしんどいか分かります。
この曲ぐらい自分勝手の計略を使うと、こちら作曲方の心づもりを掴んで弱いな。
つまり、勉強してないことが一発でバレます。

早く見積もって、2000年代の年季といった慣習を持つクラシック音楽。
それを自分の都合の良いようにアレンジすることは、弱肉強食を必ず捩じ曲げるのと同じです。(今日オープニングは設置でしたね、勉強してないのがお客様にバレてました。)
クラシック音楽を勉強してないなら、勝手にアレンジすることはお求めしません。
本当に障碍というアクシデントの原因になりますので、のちのちもしもクラシック音楽に関する時はお気をつけ下さいませ。http://xn--eckr1ktbwbo7c1694emx6d.xyz/kireimo-kouka.html