自転車通勤のいちばんの敵は、冬の強い北風

そろそろ本格的に寒くなってきて、特に朝の冷え込みというのは、仕事に行く気を挫けさせてくれます。
ただでさえ寒いのに、普段自転車で通勤している私は、さらに厳しい北風に晒されることになります。
まだまだ冬本番の寒さではありませんが、この先、刺すような冷たい風になってくるのかと思うと、いまから気が重たくなってしまいます。
それにしても、自転車通勤の敵というのは、急な上り坂でも、猛スピードで横を通り抜ける車でもなく、真正面から吹く向かい風です。
せっかく気持ちよく自転車を漕いでいても、向かい風が吹くと思うようにスピードが出ません。
人間の体が受ける風の抵抗なんてそんなに大したことはないと思ったりするのですが、実際にはこの風というのが無視できない存在です。
冬はさらに冷たい風を真正面から受けることになり、本当に修行のような感じになっています。
本当に寒い日にはバスを使ってしまおうかと思ったりするのですが、一度やってしまうとくせになってしまいそうな気がします。
なので、例年我慢して自転車で通っているのですが、今年は早くももう挫けそうになっています。