甚だパワーを覚える都内応急の解散パフォーマンス

今や以前に解散してしまいましたが、椎名林檎君が中心となってある都内ピンチというバンドは非常にオリジナルみたいでした。終始チャレンジしている、といいますか一旦スレスレまで頑張っているなあ、と思えるバンドでした。それ故にちょい痛々しくもあったりして、演出が激しいポイントもあったように思えます。
都内ピンチのベスト最後のライブのムービーを購入してちょこちょこ観ていらっしゃる。これまでの没頭の集大成を結集したような中継で、至極シフトみたいで試験の跡がうかがえるものです。元々刊行した辺りから椎名林檎君は甚だとがっているといいますか、歌詞にも居残る裏道全力を尽くす適性だ。それゆえに他のミュージシャンができない演出や舞踊やダンサーを探してきて採用したりと独自の方法をする。スポーツマンで例えるならば、常に目の前のことに全力を発揮する短距離走類かもしれません。間もなくどのようにまた変化してゆくのかはどうしても楽しみです。引越し ご近所 挨拶