蒸留や富士山などについて勉強をしていました

蒸留などについて勉強しました。出てくる蒸気の温度を測るため、温度計の球部は枝の高さにします。突沸を防ぐため、沸騰石を入れます。逆流を防ぐため、ガラス管の先がたまった液の中に入らないようにします。70℃〜82℃に無水塩化コバルトを入れると、非常に薄い桃色になります。火をつけると、よく燃えます。エタノールのにおいがします。手につけると冷たく感じます。83℃〜92℃に無水塩化コバルトを入れると、薄い桃色になります。火をつけると、かすかに燃えます。かすかにエタノールのにおいがします。93℃以上に無水塩化コバルトを入れると、濃い桃色になります。火をつけると、燃えません。エタノールのにおいはほとんどしません。次は、富士山についてです。地上よりも気圧の低い富士山の山頂でご飯を炊くと、芯が残った生煮えのご飯になってしまいます。このようなことを勉強しましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったです。http://www.fndg.co/aiful/

地球の全貌などについて学習をしていました

地球について学習をしました。宇宙から確かめる地球が青いのは、地球がないエアー部類につつまれているからだ。地球は、その公の7割が海の水でおおわれているため水の惑星ともよばれています。多くの生をはぐくみ、動物の動向とサクセスをもたらした多様な地球経済の表現に、地球外面の水とエアーが重要な責任を果たしました。目下、多くの惑星吟味機が打ち上げられ、太陽系の惑星や衛星についてくわしい案内が来るようになりました。しかし近頃、太陽系の中でその公に液体としての水を豊富に有するのは地球だけだ。地球にエアーが存在し、また地球がその大志資金ですお天道様から適切な隔たりにあったことにより、地球公に液体としての水が存在し続けることができました。金星や火星はがたいが地球とくらべて極端に違わないが、それらの惑星の現在の出で立ちは地球とは比較にならないほど水に欠如した荒れ果てた公を見せています。まったく勉強になりました。10 万 円 即日 融資