凸レンズのことと光の屈折や光の進み方のこと

レンズのことについて勉強しました。わん曲した水槽は、凸レンズのはたらきをします。平行な光は凸レンズを通ると1点に集まります。この点を焦点といいます。また、レンズの中心から焦点までの距離を焦点距離といいます。焦点距離は、レンズの厚みが厚いほど短くなります。凸レンズと同じ役割をするガラスがあります。ガラスの面での光の屈折を利用して光を集めます。凸レンズを通った光の進み方は、凸レンズの軸に平行に入った光線と凸レンズの中心に入った光線と焦点を通って入った光線があります。レンズの軸に平行な光線〜焦点を通ります。レンズの中心を通る光線〜直進します。レンズの焦点を通る光線〜レンズの軸に平行に進みます。凸レンズは光を集めるので、望遠鏡や虫めがねで直接太陽を見ると、失明する危険が大きいです。また、目の角膜や水晶体は凸レンズと同じはたらきをするので太陽を直接見てはいけません。焦点とは焦がす点です。とても勉強になりました。お金 を 借りる に は

ヤンセンやレーウェンフークなどに関して探究

キャラに関して育成をしました。1590年に、ヤンセンが複式顕微鏡を発明しました。1629年に、ハーベー(英)が血行の規則を発見しました。1661年に、マルピーギ(イタリア)がカエルの肺の毛細血管を発見しました。1665年に、ロバート・フック(英)が細胞を発見しました。1667年〜73年に、レーウェンフーク(オランダ)が原生動物・微生物・方の赤血球を発見しました。そうして、1682年にレーウェンフークがバイキンを発見しました。1733年にリンネ(スウェーデン)が「自然の体系」を発刊し、動植物を等級しました。1772年にプリーストリー(英)が植物の瓦斯チェンジを発見しました。1777年に、ラボアジエ(フランス)がブレスに対する勉学をしました。1779年に、インゲンホウス(オランダ)が炭酸同化を発見しました。このようなことを育成しましたが、知らないことが多かったので勉強になりました。