昔に穴場だったプルプルのフルーチェ。

幼子頃ににおやつで食べていた「フルーチェ」。
バストと取り入れるてちょいかき混ぜると、直ぐプルンプルンになってくるフルーチェだ。
昔に一番博士だった風味はイチゴなのですが、ピーチも同じくらい博士でした。
でも今では、いろんな種類のフルーチェがあるのを知ってしまいまして、驚いているところです。
バストが刺々しいから心から添えるだけですぐ適う。
自分は出来上がったフルーチェを4つのちっちゃな容器に分けて、一門は直ちに食べて、スペースはラップして冷蔵庫で冷ますのです。
バストで作っているから次の日までには食い切るようにしています。
ヨーグルト感覚でグラノーラやトウモロコシフレークを上にのせて食べると、なんとなくリッチな気分になるのです。
そしてモーニングにも効くなって思います。
大人になってバストを買って飲み込む機会がほとんどなかったから近年、バストを買ってる自分が不思議です。
いろんな種類のフルーチェを全般制覇したいと思っているのですが、できるかな。
意外と、食べ過ぎないように気をつけて、フルーチェは私の魅力のひとつに行う。